アートボードサイズを変更してトンボも含めて出力する

大学のプリンタでは、フチなし印刷ができません。出力した作品を提出する場合は、アートボードのサイズを仕上がりサイズよりも一回り大きく変更してから出力しましょう。

仕上がり寸法がA4(297×210mm)の場合はA3(420×297mm)の用紙に、
仕上がり寸法がA3(420×297mm)の場合はA3ノビ(329×483mm*)の用紙に出力してから、
トンボ(トリムマーク)の内側の線でカットして提出してください。

*A3ノビは規格サイズではありませんので、メーカーによって若干サイズが異なります。エプソンのA3ノビ用紙は329×483mmのものが多いので上記のように記しました。A3より少し大きく、トンボを含めて印刷できるサイズの紙だと覚えておいてください。

A3ノビよりも大きいサイズを出力するには大型プリンタを使用します。その場合、ロール紙に対してどの向きで出力すると良いかをよく考えてから出力しましょう。大型出力のライセンスを持っていない場合、各領域の助手または領域アシスタント、ライセンスを持っている友人に依頼して出力してください。

アートボードの大きさは2つの方法で変更できます。

コントロールバーでの変更

  1. ツールパレットでアートボードを選択肢、変更したいアートボードを選びます。
  2. コントロールバーでリサイズの基準点を中央に設定します。
  3. 変更したいサイズを入力します。

アートボードパレットからの変更

  1. アートボードパレットで、変更したいアートボードのアイコンをクリックします。
  2. リサイズの基準点を中央に設定します。
  3. 変更したいサイズを入力します。

PCの画面が小さい場合はコントロールバーに全ての項目が表示されないので、アートボードパレットを使う方が良いようです。

comments

コメントをどうぞ。承認後に表示されますので、しばらくお待ち下さい。

Sorry, the comment form is closed at this time.

* このコメントの更新情報

trackback