紙の規格・紙の目

紙の規格

紙の規格は縦と横の比率が常に同じになるように1:√2(1.4142)の比率で作られています。
また、紙のサイズは通常横×縦mmで表示します。

【原紙寸法】

紙は、印刷・製本時の余白のために仕上げ寸法より大きなサイズで作られます。

A列本判 625 × 880 mm A1判 594 × 841 mm
菊判 636 × 939 mm A1判 594 × 841 mm
B列本判 765 × 1,085 mm B1判 728 × 1,030 mm
四六全判 788 × 1,091 mm B1判 728 × 1,030 mm

【仕上げ寸法】

JIS規格で決められており、A系列は国際規格と同様、B系列は日本独自の規格です。

A0 1.0 平方m 841 × 1,189 mm
B0 1.5 平方m 1,030 × 1,456 mm
A0 841 × 1,189 mm
A1 594 × 841 mm
A2 420 × 594 mm
A3 297 × 420 mm
A4 210 × 297 mm
B0 1,030 × 1,456 mm
B1 728 × 1,030 mm
B2 515 × 728 mm
B3 364 × 515 mm
B4 257 × 364 mm

紙の目:Y目・T目

【紙の表・裏】

洋紙では、なめらかな方が表、抄紙機の跡が付いた方が裏です。和紙ではこの逆になります。

【紙の目】

パルプは抄紙機の上を流れてロール状の紙に形成されます。この流れが紙の目です。
ロール紙をカットする向きによって縦目(T目)の紙と横目(Y目)の紙が出来ます。

縦目(T目) 紙の目が長辺と平行に流れている紙
横目(Y目) 紙の目が短辺と平行に流れている紙

紙のサイズは横×縦で表示されるので、小さい数字×大きい数字の順ならT目の紙、大きい数字×小さい数字の順ならY目の紙になります。

目の方向によって、折ったり・曲げたり・破いたりしやすいかどうかが左右されます。
本やパンフレットを作る際には、本の上下方向と目の流れを揃えます。
長辺を綴じる場合には、判型が奇数の場合にはT目、偶数の場合にはY目の紙を使います。

comments

コメントをどうぞ。承認後に表示されますので、しばらくお待ち下さい。

Sorry, the comment form is closed at this time.

* このコメントの更新情報

trackback