ゼミ合宿 2014

昨年まで、前半はIT系(学生の調査・分析を発表する形)、後半はコミュニティデザイン系(車座講座)の内容で構成していましたが、今年は両方共集中講義に変更して実施しました。

1部 │ オーバルプランにてUIデザイン集中講義

1)インタフェース・デザイン事務所の仕事

まずは社長の田輪さんにお願いして、ユーザーインタフェース専業のデザイン事務所での仕事の進め方についてお話しいただきました。

140728_01

140728_02
 

2)スマートフォン・アプリのUI デザイン開発

続いて若手の玉井さんから、スマートフォン・アプリのUIデザイン開発について、提出するデザイン案の幅や考え方を。

140728_03
 

3)健康管理サービスのUI デザイン開発

小松さんからは、健康管理サービスのUI デザイン開発について。PCを使用したWebサービスに始まり、家庭用タブレット端末やスマートフォンのアプリまで、様々なタッチポイントが連動するサービス全体の長期にわたるデザイン事例を紹介していただきました。

140728_04
 

4)Bit とAtom が融合する時代のUI 概念モデル

古高さんには、9月のヒューマンインタフェース・シンポジウムで発表予定の内容を少しだけ簡単に。

140728_05

140728_06
 

5)思考地図

最後は会長の小林さんから「思考地図」についてご紹介いただきました。次の会議の時刻が迫っていたため短時間でしたが、配布していただいた資料「情報共有のための意味空間配置フレーム<思考地図>」と「インタフェース概念設計における思考地図の活用」の中身はすっごく濃いですよ〜。ちゃんと読んでね>学生の皆さん。

140728_15
 

2部 │ 京町家「庵」にてコミュニティ・デザイン集中講義

京町家「庵」(http://www.kyoto-machiya.com)で行う4回目のゼミ合宿は、リンク・コミュニティデザイン研究所の由井真波さんを講師にお迎えしました。今年は昨年に続いて「筋屋町町家」をお借りしました。

今年のタイトルは<町家で車座講座「実録!進撃!コミュニティデザイン」>。
(昨年の“風雲!”が、更に“進撃!”に進化してました(笑))

グラフィック・デザインコース以外にアニメーション・CGコース、デザインプロデュースコースの学生も加えて14人が参加した恒例の車座講座。今年は一つ一つの事例を例年よりも詳細に紹介していただきました。

1)まちづくり(行政主導のまちづくり)

2)庵とともに(行政発信の観光まちづくり → ビジネス化)

3)地域の元気の担い手たちとの協働デザインスタート
 (観光協会、商工会、地方の小さな企業やお店とともに)
 
140728_07

140728_09

140728_10

140728_11

140728_12

講義の開始前に書いてもらった「コミュニティ・デザイン」のイメージ。

140728_13

講義の後で成長したかな?

140728_14

今年も終電間際まで予定オーバーで激走していただきましたが、実はまだまだ用意していただいていた内容がたくさんあったんですよ〜。

オーバルプランの皆様、由井さん、どうもありがとうございました。

 

comments

コメントをどうぞ。承認後に表示されますので、しばらくお待ち下さい。

post comment

* このコメントの更新情報

trackback

trackback URL : http://grasslands.biz/wp-trackback.php?p=703